スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリズム - Wikipedia

新陳代謝(メタボリズム)からグループの名をとり、社会の変化や人口の成長に合わせて有機的に成長する都市や建築を提案した。日本における「現代建築」の端緒であると見られている。彼らは従来の固定した形態や機能を支える「機械の原理」はもはや有効的でないと考え、空間や機能が変化する「生命の原理」が将来の社会や文化を支えると信じた[1]。都市規模の巨大構造体(メガストラクチャー)を志向しがちなメタボリズム・グループの作品はしばしば技術官僚的と評され、前衛的なデザインも日常への応用とは離れた修辞的なものであった。これらはアーキグラムによる実現しなかった建築デザイン(ウォーキング・シティやプラグイン・シティなど)とよく比較されている。メタボリズム・グループの起源は1950年代の終わりごろにある。日本の若手建築家達も彼らと交流し、その影響を受けた。 【続きを読む】

お勧めリンク集
ダイエット器具は危険ではありません | 現代のダイエット器具 | インテリア感覚でダイエット器具 | ブルブル振動のダイエット器具 | ダイエット器具deスッキリな私



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。