スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボ市場は大混戦 (Financial JAPAN ONLINE)

この4月からは、通称メタボ健診(特定健診・特定保健指導)が始まる。さらなる拡大が見込まれる健康市場では、従来の健康器具メーカーだけでなく、通信ネットワーク企業やゲームメーカーにも期待が集まる。この未知数の市場の見通しと、チャンスに挑む企業に迫った。ぽっこりとお腹が出ていれば、「メタボ腹」と、かなり拡大解釈された使われ方もごく自然になった。「メタボ」。この単語は2006年、急速に市民権を得た。同年の医療制度改革で、生活習慣病対策を重視する姿勢が打ち出され、メディアが大々的に報じたからだ。104ページ図表2のようなデータとともに、メタボはにわかにブーム化、国民の多くを対象とする、身近な?危険?として捉えられるようになった。 そんな負のイメージを持つメタボだが、健診義務化を通じ、健康市場の強力な刺激因子になるというのが大方の予測だ。 【続きを読む】

お勧めリンク集
ダイエット器具ってどこまで知ってますか? | ダイエット器具でどこまで鍛える? | 軽量化に成功*ダイエット器具 | 毎日たった5分のダイエット器具 | ダイエット器具・どこまで信じる?



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。